教員志望で家庭教師のアルバイトをしていました

友人で大学時代家庭教師のアルバイトをしていた人に家庭教師をしていた時の話を聞きました。
少し気になる点がある生徒とかかわり、その後の教員の仕事の際も役に立つことがあったそうです。

紹介で家庭教師のアルバイトをすることに

当時は教諭になる道を考えていたので、学校の勉強の他にも、家庭教師をして直接勉強を教えるのが自分のためにもなると思いました。
いろんな生徒がいると思ったので。

また他のバイトに比べて時給が良かったのも魅力でした。
学生で、生活費を自分で稼がなきゃいけなかったので短い時間で沢山お金を稼ぎたいという気持ちもありました。
飲食店でアルバイトもしていました。

そこの仕入先の八百屋さんの知り合いで家庭教師を探していると紹介されました。
どこで繋がりがあるか分かりませんから、普段からコミュニケーションをとって、情報のアンテナを広げていると良いなと思いました。
一応紹介という方なので、紹介して下さった八百屋さんのためにも頑張れました。

英語と数学を教えていました。

英語は自分も得意科目だったので、教えるのはそれほど大変なところは無かったです。
教科書の重要な文を1つずつ暗記してもらいました。
簡単な文を丸暗記すれば、応用ができるし文のつなげ方が分かります。

その他に数学を教えました。
自分で参考書や問題集を用意して、自分も一緒に勉強をしました。
上手く教えられなかったところは、学校に行った時に数学が得意な人に聞いたりしました。
そした次回の家庭教師の日には教えられるように勉強していきました。

男の子の生徒で、無口で大人しい子だったのでコミュニケーションをとるのが一番苦労しました。
私自身も大人しい方なので、最後までなかなか打ち解けられないで終わりました。
世間話など、もっと出来れば良かったです。

志望校に無事合格し一安心

第一志望の公立校に合格しました。
私立の高校も受けていました。
結局、いろいろ考えた結果私立の方に進学を決めていました。
と言うのも彼は一年ブランクがありました。

中学生で不登校になった後、一年家で過ごしていました。
そして高校受験する気になって家庭教師をする事になったので、様々な理由で私立の高校にしたようです。

結果は違う進路になりましたが、勉強をする姿勢は身についたようで良かったです。
実際に第一志望校にも合格できるくらい学力が上がって嬉しかったです。

コツコツやれば道が開ける

受験勉強をするのに遅いとか早いとかはないです。
やりたいと思ったら、すぐに始めてください。
今までやってなかった人は、沢山頭に空きがあります。
どんどん詰めていってください。

毎日毎日、少しずつコツコツとやっていけば、学力もつくし、自信になります。
こんなにやったんだから、自分は必ず志望校に受かる、という気持ちで本番に挑んで下さい。